FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘病生活2

8月15日、朝1番に椿に会いに行きました。
余程、具合が悪いのかグッタリして目も虚ろでした・・・

しばらく椿に話しかけたりしていると先生がノタノタとやってきて
糖尿病で間違いないですね。
とのこと

病状について聞いても分からない・・・
とか、個体差がありますから
としか言われず、挙句の果てには検査結果のコピーと糖尿病について書いてある医学本?のコピーを渡されただけでした・・・

この時点でこの病院には不信感しかありませんでした。
このまま入院させても良いのか・・・
ですがお盆で他の病院もやってませんでしたし、やってたとしても椿自身、転院させられる状態ではありませんでした。

これが椿の生きてる姿の最後になってしまうかもしれないと、思い
しばらく椿の側から離れられませんでした・・・


DSC_0836_convert_20141024203418.jpg

すると、椿は大丈夫!!!
とでも言ってるようにヨロヨロと立ち上がり父と私に顔を見せてくれました。

DSC_0859_convert_20141024203451.jpg
いつまでも離れられずにいる私、早く帰って欲しそうな先生・・・

父に立ち上がったんだ、きっと大丈夫!!
また、昼に来ようと言われ、椿に辛いけど頑張ろうね!!!
と声をかけて帰りました。




家に帰ってから、ほとんど説明もされず、ただコピーされて渡された資料を見ても専門用語しかかいておらず、さっぱりでした。

東京で動物病院で看護士をやっている友達に電話して、泣きながら現在の状態
これからどうなってしまうのか・・・

何時間もかけて聞きました。

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

こんにちは。

点滴をしているのねぇ。痛々しい~~~

自分の力を振り切って立ち上がったんだねぇ。

専門用語しか書いていないコピーじゃわからない。

お盆と重なったから転院も出来なかったんだぁ。

辛かったねぇv-409

ビクママさん

そーなんです泣
絶水、絶食だったので...
栄養剤と、インスリンの投与を点滴でしてました( ˘・з・)

辛そうで見ていて痛々しかったです˚‧º·(´ฅДฅ`)‧º·˚

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。