FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘病生活8 

先生が帰ってくる時間に合わせて病院に向かいました
もちろん入院させるつもりで

先生も入院して様子を見ましょうとの事でした

ですが椿は1ヵ月、ほぼ入院生活
毎日、血液検査だ、インスリンだ、皮下補液だと痛い思いばかり
さらには全盛期4.5キロあった体重も2.3キロまで落ちてしまいました・・・

動物は死にたいと思うことはないそうです
命が尽きるその日なで精一杯生きるのです



先生に椿は入院したインスリンを打ち続けてでも、苦しくなく普通の猫のように生活できるようになりますか?
と聞きました

ですが、この状態だと入院させてみないと解らな言われました
また病状が落ち着いて家に帰れるかもしれないし、そのまま亡くなるかもしれない・・・と

入院させるために連れて来たはずなのに・・・
生きてて欲しいのに・・・

私の口からは安楽死という言葉が出ていました
父も良くなる見込みがないなら、せめて楽にしてあげて欲しいと同じ意見でした


先生もわかりました・・・
ご家族が一番近くで見ていて解っているからといってくれましたが
ここの病院では安楽死はしない方針で安楽死の薬がないから、それに近い薬ををつかって
苦しまず眠るように逝ける薬を打ってもらいました

自分で出した結論といえ、お別れする日がくるなんて・・・
治る見込みがなく苦しんでいるからといっても、私自身が椿の命を奪うのです
私の一言で椿の命が消えてしまう・・・
泣きながら何度もごめんね、今までありがとう、沢山頑張ったねもう頑張らなくてもいいからねと声をかけ続けました

薬を打ち終わったあと先生から、朝まで静かな場所に置いて触ったりしないようにとのこと

そして先生によるとほとんどの子はこの薬で苦しまずに亡くなるがまれに、朝まで息のある子もいると言われました


泣きながら父の運転の車で椿と家に帰り
触ることも、声をかけることもできないので、少しでも椿が楽になるように・・・
早く天国へ逝けるように・・・

そう願いながら寝室にむかいました

朝、8時30分頃に声をかけられて椿の様子を見に行くと椿は目をあけたまま、まだ呼吸をしていました・・・
ショックでした
こんなことなら一晩中、声をかけて撫でてあげて側にいたかった・・・

パニックになりながら病院に電話をしてすぐに向かいました

病院に着くと混んでいてなかなか順番が回ってきません・・・
早くしてよ!!!!!!!
と思いましたが順番は順番・・・
待つしかありません

人がいるのもお構い無しに泣きながら椿に声をかけ撫でながら順番が来るのをただひたすら待ちました

しばらく待っていると順番が回ってきた犬の飼い主さんが、うちの子よりも辛そうだから・・・と順番を譲ってくれました
泣きながらお礼を言っていざ診察室へ

先生に状況を話すと
では、安楽死の薬を打ちましょうとのこと

頭の中は??????だらけでした
安楽死の薬は置いていないと言ったじゃないか!!!!
と・・・

父も何故、昨日打ってくれなかったんだと言ってましたが
先生は私たちが、家で看取りたいのだと思って・・・
と言っていて
それまでとってもよくしていただいてたのに怒りがわいてきました

とにかく、早く椿を楽にしてくれと頼み
今度こそ安楽死の薬を静脈から入れてもらいました

するとすぐに呼吸が止まりました
聴診器で心拍を確認して完全に止まってます
亡くなりました
といわれた時にはやっと椿を楽にしてあげられたとホッとしました

父は最期に悲しみと怒りの混ざった声で
家に帰ってから朝まで椿は苦しくなかったのかと聞いていました

答えは、昏睡状態で意識はなかったはずだから・・・
苦しみは感じていなかったでしょう
とのこと


DSC_1070+(1)_convert_20140923003959.jpg


最後の最後で色々ありましたが
椿は平成26年9月5日に息を引き取りました
10歳2ヶ月の命でした

椿ー!!
と名前を呼ぶと必ずニャー!!
と返事をくれる頭のいい子でした
目がくりくりでとっても顔の綺麗な子でした

とってもとっても、素敵な猫でした

早く着替えして、私の所に戻ってきてね?









スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

お疲れ様でした。

私の父がガンの時、弟と先生と話し合ってガンの治療はしないと言う約束で入院させた事を思い出しました。
日本の医療では安楽死は出来ないけど、モルヒネ(痛み止め)だけの入院生活を1か月半して逝きました。

♡RIA♡ちゃんが出した答えは間違っていないと思うよ。
もう病気が治らないと言うなら私も安楽死の選択を選ぶかも~~~
毎日の看病も大変だし椿ちゃんの痛みを思うと辛かったでしょ。
きっと今頃は虹の橋でみんなと遊んでいると思うよ。
別れは生きている限り一生ついて来るんだねぇ。

♡RIA♡ちゃんも頑張ったのだから自分を責めないで欲しいです。

ビクママさん

ありがとうございます˚‧º·(´ฅДฅ`)‧º·˚

そーだったんですね
お父様も無治療という形をとったのですね
さぞお辛かったでしょう...

椿の場合は糖尿病の末期だったので治療をしても辛い
無治療だとさらに辛いという状態でした( ˘・з・)

安楽死という形を取ったのは、とても辛かったですが後悔はしてません。
むしろ治る見込みもなく日々、悪化していくのに無理に治療させていた事の方が少し心のシコリになっています

はい!!!
きっと今頃は、先代犬.猫達と遊びながら局長達を見守ってくれてると思います。

これからは局長達の様子も載せていきますね(*´˘`*)♡
沢山、写真取ってあるので何から載せようか迷い中です笑

あっ
ビクママさんの周りの方でフェリウェイスプレーを使ってる方いらっしゃいますか?
局長と小太郎は仲良しなんですが...
どーも梅とは折り合いがつかなくて泣

No title

>フェリウェイスプレー

聞いたことがないわぁ~

おしっこしちゃうの?
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。